ボランティア

  • HOME
  • ネットワーク
  • ボランティア

ボランティアとは?

  • 病院のボランティア活動は、人間尊重の精神と民主主義の原則に即し、自らの自発的意志によって自分の時間と能力を活用し、無報酬で物質的・人的資源となり他人を直接的・間接的に助ける活動を意味します。

ボランティア資格及び条件

  • 他人/社会を助けようと自分の時間と能力を自ら願い出て提供したい者
  • ボランティア活動に十分な身体的・精神的健康を取り揃えている者
  • 満20歳以上の成人男女最小3ヶ月以上、週1回の活動ができる者(ボランティア教育参加必須)
  • 高麗大学校医療院のボランティア活動規定をまじめに従える者

募集案内

募集期間:随時

但し、中高校生のボランティア活動への参加は、休み中のみ実施されて休みの前に告知する。

  • 提出書類
    • 支援申込書(本院の所定様式、医療社会事業チームに備付け)
    • 半名刺版写真2枚
    • 住民登録謄本1枚
    • ボランティア時間:午前(9時~12時)、午後(1時~4時)の中で選択
  • 申込み手続き
    • 各病院の医療社会事業チームに訪問して相談の後に申し込む。
  • 受付
  • 安岩病院医療社会史業チーム : 02-920-5849, 5896
  • 九老病院医療社会史業チーム : 02-2626-1326~8
  • 安山病院医療社会史業チーム : 031-412-5433, 6708

高麗大学校医療院のボランティア活動のご紹介

活動名 活動内容紹介
外来患者案内 病院訪問する患者及び保護者のために位置案内診療手続き案内など各種の情報を提供
患者エスコートサービス 病院を訪問する患者の中で移動の不自由な者のためにボランティアが直接患者をエスコートし楽な診療が受けられるようにサービスを提供
移動図書サービス ボランティアが入院病室を訪問し図書の貸出サービスを提供
患者への話し相手サービス 入院患者または投石患者などが心理的に落ち着くような話し相手サービスを提供
処方せん発行ヘルプサービス 外来診療の後に処方せんの発行に対するヘルプ及び案内サービスを提供
業務補助サービス 行政または単純業務補助など間接的カスタマサービスを提供
"Fun Day" サービス 小児病棟に入院する患児の心理的な安定と病院への適応のために「魔術ショー、ペースペインティング、風船アート」など多様な文化ボランティアサービスを提供
小児病棟での口演童話サービス 小児病棟に入院する患児の心理的な安定と病院への適応のために「口演童話サービス」を提供
精神障害者のための美術専門治療師及び音楽専門治療師を誘致し、患者の情緒及び治療を助けるプログラム ホスピスサービス末期臨終患者の美しい死のためにアロママッサージ、話し相手、祈祷、お風呂など多様なホスピスの面倒を見るサービスを提供
Contents manager
Medical Social Services Team 82-2-2626-1326