社会事業

  • HOME
  • ネットワーク
  • 社会事業

国内外で疏外されて苦しんでいる人々のための 寄付とボランティア、そして愛の実践

病院には不意に、または晩成的な疾病で、心の苦痛と社会的な困難を持っている患者、経済的な困難で適切な治療が受けられない患者、退院について適切な計画を立てられない患者及び保護者、社会福祉と係わったベネフィットをもらいたいが正確な情報のない患者など、社会事業的な助けの必要な患者が多いです。

高麗大学校の医療院における医療社会事業チームは、患者の心理的、社会的、経済的問題によって病気の治療と回復、そして予防に支障を受けるようになる時、医療陣との協議・診療を通し専門的な社会事業相談を実施し、患者がその問題を解決するように手伝って、退院の後は家庭と地域社会へよく適応するように助けています。

医療社会事業チームは専門社会事業の相談とボランティア活動、そして社会貢献及び医療ボランティア活動を通じ、高麗大学校医療院の核心価値の一つである「国内外で疏外されて苦しんでいる者のための寄付とボランティア」を実践するため、医療社会福祉士が引き続き努力を尽くしています。

主要活動

社会事業相談

  • 患者と家族が疾病の治療過程で経験する各種の心理的・社会的・経済的問題と係わって、主に次のような社会事業相談を実施しています。
  • 癌患者及びホスピス患者相談
  • 脳卒中及び脊髓損傷患者のリハビリ相談
  • 障害児童及び、めずらしい難治性疾患者相談
  • 糖尿(小児糖尿)相談
  • 臓器移植相談
  • 未婚母及び入養相談
  • 虐待(児童、老人、女性)相談
  • 透析患者相談
  • アルコール患者相談
  • エイズ患者相談

診療費支援

  • 経済的な困難によって治療をきちんと受けられない患者に、社会事業相談と評価を通じ外部後援機関と連携し、診療費をサポートするなどの助けを提供しています。

社会福祉情報案内

  • 国民基礎生活保障制度、障害者登録制度、職業リハビリ情報など各種の社会福祉情報をご案内いたし、これと係わる対象可否と恵沢、申込み手続きなどに対する相談を実施します。

地域社会機関連携

  • 退院患者に対する他の病院・リハビリ病院・ホスピス病院等との連携、入養機関及び未婚母保護施設との連携、無料看病機関との連携、精神社会リハビリ機関との連携など患者の欲求と問題に応じ多様な地域社会の機関を連携します。

集団プログラム及び教育

  • 糖尿患者のための教育、小児糖尿患児のためのキャンプ(Camp)、精神障害者のための社会技術訓練(Social Skill Training)、癌患者のための教育など多様な集団プログラムと教育を提供しています。

利用案内

  • 相談を希望する患者や保護者は、担当医療陣を通し要請するとか、医療社会事業チームまでご連絡ください。相談を予約することで様々な質問などに対し各専門分野別の医療社会福祉士との相談ができます。
    1. 相談要請(患者、家族、医療陣など) → 問題確認(情報把握) → 社会福祉士の評価 → 専門相談及び介入(心理社会相談、家族相談、社会リハビリ訓練及び相談等)→相談及び介入評価
  • 安岩病院医療社会史業 : 02-920-5849, 5896
  • 九老病院医療社会史業チ : 02-2626-1326-8
  • 安山病院医療社会史業チ : 031-412-5433, 6708
Contents manager
Medical Social Services Team 82-2-2626-1326